「麻布長江」進化する、田村さんのお料理


久しぶりに、麻布長江さんで取材。

ガッツリ花椒のきいた麻婆豆腐は、自家製の豆鼓醤が隠し味。
辛さの中に深みのある味わいで、絶品。

奥の宮保鶏丁は、ピーナッツの代わりにカシューナッツでアレンジ。
辛いのに軽やかで、つい箸が進みます。

初めて田村さんに取材をお願いしたのは、まだオーナーシェフになられる前だったような。

もともと真面目で研究熱心な性格でもあり、訪れる度に料理が進化している気がします。

四川の伝統に、新しい風を吹き込んでいる若手実力シェフのお一人。

これからも応援しています!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る