「(萬)ハレノヒ」かわゆいオムレツケーキ

フードライターrieの食日記

半熟の食感が新しい「凹カステラ」でヒットを飛ばしているノス・プロダクターさんから、新商品が誕生。
その名は「オムレツケーキ」。

グレープシードオイルを用いたしっとり、モチモチの生地で、こくのある生クリームやフルーツをサンドしたもの。
凹カステラのルーツがポルトガルの郷土菓子「パンデロー」であったように、レトロ&フューチャーをコンセプトにしたどこか懐かしい、それでいて新しいお菓子です。

フードライターrieの食日記
味わいの異なる5~6種類が揃いますが、ネーミングもユニーク。
生クリームをはさんだベーシックな「中目黒」をはじめ、ティラミス風味の「ヴェネチア」や、フルーツパーラーのイチゴパフェをイメージした「新宿」、ラムレーズンとレモンピールが香るイギリスふうの「デボンジャー」など、世界の地名がついています!
(※店頭とお取り寄せで、若干内容は異なるみたい。これは店頭のラインナップです)

スフレのようなふんわり生地と、クリームが一体になってとろけるおいしさ。
私のお気に入りは、ティラミス風の「ヴェネチア」。
どれも食べてみたくなる商品作りは、さすが巧いなぁー。

中目黒のお店のほか、コチラからお取り寄せもできますよー。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る