「AMECOYA」ハイセンスなそば店!

フードライターrieの食日記

オットが数年前に取材して以来、お気に入りの「AMECOYA」さん。

そば&珈琲&音楽というコンセプトの個性だけでなく、そばの圧倒的なおいしさで人気のお店。
以前はもっとカフェ要素が強かった印象があるのですが、今はすっかりそば専門店に。
入店してまず惹かれるのが、店内のかわいさ!
インテリアのセンスゼロな私には、憧れます…。

こちらはおつまみもたくさんあり、まさに「飲める」そば店。

フードライターrieの食日記
お通しのそば寿司からして気が利いてる!
奥は、秋に収穫できる珍しい筍「四方竹」。

フードライターrieの食日記
木村伝次郎さんの長芋。
しゃくしゃくの歯ざわりが心地よく、あっという間になくなりましたあせる

フードライターrieの食日記
日本酒は、自分で好みの温度で飲めます。
専門店なら適正な温度で出すべきですが、こういう遊びがあってもいいよね。

フードライターrieの食日記
酒肴3点盛りは、びっくりするくらいサイズが小さい…。
これに関しては、コスパ悪いかな…。

フードライターrieの食日記
三元豚の和風リエット そば粉のクレープ添え。
商品としてはオリジナリティがありとてもよいのだけど、これで900円は正直高い…。
銘柄豚を使っているから、高くなってしまうんだろうな…。

フードライターrieの食日記
ぬか漬けのサンマ焼き。半身から頼めるのは一人客にもありがたい配慮。

フードライターrieの食日記
青唐辛子入りの玉子焼き。これ、家でも真似したいおいしさ!

フードライターrieの食日記
納豆と長芋のサラダ。
家でも作れそうだけど、こういう場所で食べると無性においしい。

フードライターrieの食日記
季節の限定、金針菜ときのこの鴨汁そば。1200円。
こちらは、季節のおそばもいろいろあって、また通いたくなってしまう。
そばも香りがよく、水切りも最適。
おいしいおそばです。

フードライターrieの食日記
そば湯もとろとろ~。お替りしてしまいました。

一品料理は量が控えめでいろいろな種類があるので、ついいっぱい食べてしまった。
結果、お会計は1万円を軽く超え…。

2人でやってらっしゃるので、混雑時はちょっと待つのが難点かな。
酒肴とかすぐ出るメニューは、お客もすぐ出てくると思って頼むのだからさっと出すべきだし、お客に待ち時間のストレスを感じさせるお店って、やっぱり改善点があると思うので…。
(山芋で20分は待たせすぎよ…)

とはいえ料理もお酒もそばも美味しいお店なので、ぜひまた行きたいと思います。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る