「BEN&JERRY’S」アメリカンなアイスクリーム

フードライターrieの食日記
平日の取材帰り、雨だし空いているかな…と立ち寄ったのは、今年4月に日本初上陸したアイスクリームショップ「BEN&JERRY’S」。
並んでいましたが5分ほどで入店でき、店内でいただくことができました~。

ベンさんとジェリーさんが1978年に始めたというこちらは、すでに世界27ヵ国、815店舗を展開中。
乳脂肪たっぷりの濃厚な味わいと、ユニークなフレーバーが人気だそう。

フードライターrieの食日記
メニューは、S360円~、R550円~、L750円~のアイスのほか、サンデーやシェイク、アイスとコーヒーをブレンドした「カフェチラー」など。
超×100優柔不断な私には、こうやって事前にメニューを渡してくれるシステムはありがたいですあせる

フードライターrieの食日記
ほとんどのアイスにチョコレートチャンクが入った具だくさんなアイスは、定番12種類に加えて日本限定フレーバーも販売。
この日は、抹茶、さつまいも、ジンジャーの3種の限定がありました。

フードライターrieの食日記
私が食べてみたかったのは、ホイップクリームたっぷりのサンデー。
トッピングの違いで5種類あるのですが、アイスを2種類まで選べるという「チョコレートファッジサンデー」550円をお願いしました。
チョコレート、もしくはキャラメルのホットソースが選べ、トッピングもスライスアーモンド、フレークなどから選んでかけてもらえます。

フードライターrieの食日記
う~ん。すごいボリューム!
ザ・アメリカンスイーツという感じで、テンション上がります~ラブラブ!
パッケージもカワイイ!!

アイスは、バナナピューレベースのアイスにクルミとチョコレートチャンクを加えた「チャンキーモンキー」と、胃イチゴやグラハムクラッカーが入った「ストロベリーチーズケーキ」。
確かに、チョコチャンクの存在感がすごいです!
全体的に乳風味が強めのまったりとした甘さなので、食べごたえもかなり。
食べた後に脂肪の塊を胃に収めたような罪悪感にもかられますが…たまにはいいよねガーン

気になる他のフレーバーは、チェリーとチョコチャンク入りの「チェリーガルシア」、チョコレートアイスにブラウニーが入った「チョコレートファッジブラウニー」、コーヒーアイスにエスプレッソ風味のチョコチャンク入りの「コーヒーバズ」などが人気の様子。

並んでまで食べたいか…と言われると微妙ですが、「今日は(甘い)アイスが思い切り食べたいんだ!」という日には行ってしまいそう。

さっぱりしたイタリアンジェラートも好きですが、こういうガッツリ系のアイスクリームも大好きですラブラブ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る