「BURGER POLICE」星付きレストランによる、肉汁滴る旨バーガー

前から楽しみにしていた方々とのランチ会。ご指名いただいたのは、ミシュラン一つ星のイタリアン「アーリアディタクボ」が手掛けるハンバーガーと自然ワインのバーガービストロ。碑文谷警察署の隣にあるから、店名はバーガーポリス。2月にオープンされたばかりですが、早くも予約で満席のよう。

ビストロという位置づけなので、前菜メニューもしっかり。焼きケールと山利のしらすの目玉焼きは、自宅で真似したくなるつまみ。

トリッパの煮込みは軽やかな味わいで、さすがのレストランクオリティでした。

塩バーガーは、トマトやレタスを廃し、和牛の旨みのつまったパティとサクふわのバンズを味わう仕立て。パティの塩加減や提供温度、サクサクに温めたバンズの状態など、レストランならではの計算された味わいでとても勉強になりました。

気になっていた羊サンライズのバーガー。柔らかく臭みのないラムの美味しさは言わずもがな。春菊や蓮根など和素材のアクセントで、全体的に優しい味わいに仕上がっていました。これはここでしか食べられないハンバーガーかも。

写真はありませんが、タクボのラグーソースを挟んだザ・バーガーは、より肉の旨みが濃厚に。やま幸のマグロバーガーも食べてみたかったし、また来たくなるメニュー作りも上手。

例えばレストランだったら、お皿を温めて、料理も最適な火入れや温度で提供するのが基本。その心遣いがハンバーガーにも活かされているように思いました。シェアしたいお客さんには、ハンバーガー半分にカットしてくれるのもありがたい。

お話したりなくて、てくてく歩いて神乃珈琲でお茶。料理ももちろん美味しかったのだけど、一緒に過ごした時間が楽しすぎてたぶんこの日は一日テンション高かった…。

今年の目標は、いろいろな人に会うことなので、臆病人見知りを克服してあちこち飛び込んでいきたいなぁと思います。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る