「KUGENUMA SHIMIZU」洋菓子のようなミニたい焼き

スマートタウンの開発で最近注目のエリア、辻堂。

駅前のテラスモールは、センスのよいショップが多数入店しており、食ジャンルの専門も充実。
近所に欲しいと思う商業施設です。

そんなテラスモールで新感覚のたい焼きが味わえるのが、フードコートにある「KUGENUMA SHIMIZU」。


鵠沼の創作フレンチ「クゲヌマシミズ」が出店した新感覚の和スイーツ専門店です。


看板メニューが、一口サイズの湘南大漁焼き。

一見するとミニサイズのたい焼き風ですが、生地に沖縄産黒糖と焦がしバターが入っているので、風味豊かな味わい。
たい焼きというよりフィナンシェに近く、洋風の焼き菓子の趣。


味はプレーンのほか、しらす青海苔、 カスタードなど4種類で、10個500円。
ベビーカステラとも違う、豊かな味わいが楽しめます。


その場で食べるなら、塩ミルクソフトクリームをのせたこちらがおすすめ!

ソフトクリームは季節替わりのフレーバーもあり、伺った時はマロンでした。

フードコートのスイーツというと、クレープやジェラートなど似たようなラインナップが多い中、ここにしかない個性を感じられるお店です。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る