「nikiniki」かわいすぎる!進化形八つ橋

仕事しなきゃ…と思いつつ、またまた八つ橋で気になるお店が。

そういえば、執筆させていただいているカフェ雑誌でも見た気がするなぁ。

nikiniki

創業300年を超える老舗「聖護院八ッ橋総本店」がプロデュースした新業態で

生八つ橋の専門店です。

オープンは2011年3月。

生八つ橋というと、ぺらぺらの長方形タイプか、

中にあんが包まれている三角形が主流ですが

こちらの生八つ橋は、好みの生八つ橋と、中に入れるコンフィを選び

自分だけの生八つ橋が作れるというもの。

一般的なつぶあんやこしあんに加え、リンゴや苺のコンフィ、

トマトのジュレやきんぴらごぼう、カスタードクリーム…などなど

中に入れる具のバリエーションもすごい!

生八ツ橋は1枚40円、あんは1つ30円というプチプライスも魅力的ラブラブ

さらには、季節ごとに登場する生八ッ橋がとにかくかわいいらしい!

詳細は、こちらのサイトで見られます。

その他、薄く焼き上げた八ッ橋を細長く巻いた

聖護院八ツ橋総本店の名物「カネール」なども購入できます。

榮太樓の「あめやえいたろう」や、

とらや、の「とらやカフェ」のように、

老舗ながらも新しいセンスで、和菓業界に新風を巻き起こしている企業が、

京都にもあったんですね。

若い人が和菓子を食べなくなっている昨今、

こうした発信力を持つ企業が増えることは、

業界の活性化・若返りにつながるのではと思いますニコニコ

はー、また脱線してしまった…あせる

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る