「ZEN 采蝶軒」日本初上陸の香港スイーツ

ZEN
大学4年間バイトしていた思い出のカフェがなくなったことは、以前の記事でも書きましたが。
そのカフェは、東京大丸の中にありました。

この度、リニューアルして生まれ変わった東京大丸の中に
新しい業態として入るとは聞いていて。
朝から八重洲での取材帰り、ぶらりと寄ってみました。

運よく働いていた当時の店長がいてひと安心。
社会人になってからは、前のカフェにもどんどん見知った顔がいなくなり
閉店間際は、この店長くらいしか挨拶できる人がいなくなってた。
気付かないうちに、驚く速さで時間は流れてるってこと。しかも確実に。

せっかくだから…と日本初上陸の香港スイーツをご馳走になる。
このお店は、ロンドン生まれの「采蝶軒」のスイーツ専門店としてオープンしたとか(詳しくはコチラ。

「けっこう食べれる?」と聞かれ、「もちろん!」と答えると運ばれてきたのがこちら。
朝から香港スイーツ三昧。


右「超濃厚杏仁豆腐」左「マンゴープリン」

「超濃厚杏仁豆腐」には、シロップとココナッツソース
「マンゴープリン」には、マンゴーソースとココナッツミルクがセットになっている。
まずはそのまま、次に好みでソースやシロップを足して食べてみて、と説明が。
提供法も面白くて話題性あり。

この杏仁豆腐、めちゃうまです。
ねっとり、もちっととした食感がいい。寄せ豆腐みたい。
ツルンとした杏仁豆腐はあんまり好きではないので、個人的にヒット。
そしてこのココナッツソースをかけると、さらにコクが増して2度おいしいってやつ?
これは本店にもないメニューで、日本出店のために開発したそう。

マンゴープリンも濃厚で、中にはねっとりとしたマンゴーの果肉入り。
ココナッツミルクをかけるとまろやかな味に。

そして店長オススメのスイーツが「ヨウジカンロ」。

メニュー表には「パフェ?ドリンク?飲むデザートのようなテイスト」とあったけど予想外にフルーツがたくさん入っている。グレープフルーツ、オレンジ、アロエ?などなど。
タピオカのクニュッとした食感が楽しいです。マンゴーはまろやか。

お茶にも贅沢にフルーツを使っていて。これ絶対飲み終わった後に食べる人いると思う。たっぷり3杯分で840円。
フルーツは季節変わりで、いまはリンゴ、キウイ、フランボワーズ。ベースはダージリン。
フルーツの甘みと酸味だけを抽出したような味。これだけ飲んでもスイーツ気分が味わえる。

以前のカフェとは似ても似つかない業態だけど、東京駅に来ると懐かしい気分になって。
よく地下道ダッシュしてたな。制服でこっそりランチに出てたな。9階にあって眺めだけはいい社食はどうなったのかな…などなど思い出にもふけり。

リニューアル後の東京大丸には他に、パリのショコラティエのカフェ、ブルディガラのカフェ、京都のイノダコーヒーなどが初出店と豪華な顔ぶれ。
以前はモロ「デパート、もしくは東京駅の乗降客向け」で、いわゆるデパートの喫茶店(オレンジジュース700円とか)が多かったけど
一般客も利用したいようなカフェがようやくできた感じ。

午前中はガラガラなので、新幹線の時間つぶしなどにどうぞ。

ブログランキング参加中。よかったらクリックしてください。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309

「ZEN 采蝶軒」
千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店6F
03-6895-2875
10:00~20:00


シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る