【お仕事】プロのための洋菓子材料図鑑vol.4

柴田書店から、5年ぶりに洋菓子材料図鑑が発売になりました。

遡ること10年以上前、まだ駆け出しの頃に、編集部にお邪魔してお手伝いをさせてもらった思い入れのある本の最新号です。

製菓業界の取材経験が未熟な状態でこの本を担当させてもらえたおかげで、粉、凝固剤、チョコレート、油脂など一通りの製菓材料の知識が頭に入り、その後の取材がなんと楽になったことか!

また、当時はまだ今ほど画像データが各メーカーさんになく、商品を取り寄せて撮影することが多かったため、現物にたくさん触れられたのも幸運でした。はちみつやナッツも、メーカーによってこんなに味や香りが違うんだと体験でき、素材について深堀りできる貴重な経験をたくさんさせてもらいました。

最新号では、人気シェフたちの素材使いについて取材しています。フルーツやナッツ、カカオなどを自分で加工から手掛けるシェフが増える一方で、基本的な製菓素材についてもやはりトレンドというものがあるのだなと認識させられる内容でした(とくに生クリームやチョコレートは、その時代の嗜好が反映されているように感じます)

あとは全体的にレイアウトがスッキリとして、文字数が減ったのも、この10年の刊行物の流れなのでしょう。文字ぎっしりの本、私は情報がみっしり詰まってるお得感があって好きですが、最近は読み疲れしてしまうと敬遠されているようです…。

ネットでどんな情報も手に入る時代ですが、1冊の中に情報がまとまっている利便性はやはりまだ本が勝ると感じています。セミプロの方、お菓子作りが好きな方にもぜひご覧いただきたい内容です!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る