さぬきうどんの旅⑫「あたりや」

フードライターrieの食日記

さてようやく旅行3日目、最終日です。
この日は鳴門へ渦潮を見に行くので、朝ごはんにうどんを。
スポーツセンターの地下駐車場の敷地内という、スゴイ立地にある「あたりや」さんです。

開店時刻に行ったのにお店が開いておらず…20分ほど待って一番乗りの来店。
うどんは、あつあつ、ひやひや、ひやあつ、しょうゆ、湯だめ、じょうれん(ざる/夏季限定)の5種類。
小300円、大400円は、讃岐のなかではやや高めかな。

フードライターrieの食日記
透き通っただしは、薄味だけどイリコの風味がしっかりきいてます。
こういう味は、やっぱり関東にはない。
麺はコシが強いタイプなので、あったかいほうがおいしいかも!
天ぷらは揚げ置きで、衣ばかりが厚くてザンネンな味でした…。

そして、食べログにも皆さん書いていますが、サービス面にはちょっと難あり…かもですね。
この日はお客を待たせての開店だったのに、申し訳なさそうな態度はほぼなかったし…。

何より気になったのは、天ぷらを置いているケース。
食器棚のようなスライド式のガラスの棚なのですが、薄汚れていておいしそうに見えないのがもったいない汗
たぶん埃が入らないようにとの配慮なのでしょうが、揚げたてを入れたら蒸気がこもってしまいそうだし、もう少し考えたほうがよいのでは…と思ってしまいました。

とはいえ、朝からおいしいうどんでスタートできたので気分は壮快!

さて残るお店は… →→⑫へ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る