ウイスキーの樽に思いをはせてみる

フードライターrieの食日記
先日行ってきた白州蒸留所で購入した、箸置きとマドラー。

使われなくなった樽から作られていると思うと、なんだか情緒を感じてしまいます。

フードライターrieの食日記
ちなみに見学の際は、樽を作る様子も見せていただきました!
こうやって内側を火で炙らないと、あの独特の樽香が出ないそうです。

フードライターrieの食日記
この焼き方ひとつでも、ウイスキーの味が変わってくるんですね。

フードライターrieの食日記
もちろん樽の材質によっても、味が変わってきます。
白州蒸留所では、バーレル、ホッグスヘッド、パンチョン、シェリー樽の4種類を使っています。
こんなふうに、大きさも違うんですね。

お酒ひとつとってもこんなに奥が深い食の世界は、飽きることがありません!!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る