オットのつぶやき2「かまし麺」

花粉の季節終了が待ち遠しいオットです。

盛岡名物のじゃじゃ麺をこよなく愛する私が以前から気になっていた、「かまし麺」の店に先日行ってきました。世田谷線松陰神社前駅下車です。

かまし麺というのは簡単に言えば、じゃじゃ麺の中華麺バージョン。食べ方などは大体一緒で、食べた後はチータンタン(この店ではかまし汁という)というスタイルも一緒。ご飯も投入することを推奨している点は独自。で、「じゃじゃ麺の進化系」を謳っている。

感想はと言えば、じゃじゃ麺とは完全に別モノ。じゃじゃ麺の面影はなく、和え麺の中の一つとして認識して行った方がよさそうですね。でも和え麺としては麺の味、肉味噌の味など、どれもあと一つという印象(「南蛮醬油」はおいしかったけど)。

「じゃじゃ麺の進化系」なんて言っちゃダメですね。進化してないし、じゃじゃ麺の方がはるかにウマイ。進化系ではなく、食べ方にヒントをもらったというだけかと。

スープがなくて麺を食わせる和え麺の店は、もっと麺自体のおいしさに気を配った方がいいんじゃないですかね。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る