フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

おしごと スイーツ

サロン・デュ・ショコラ2020前夜祭

投稿日:

サロン・デュ・ショコラ前夜祭にお邪魔してきました。

会場入口に鎮座するホワイトチョコレートのクマは、パリのサロン・デュ・ショコラから移送してきたもの。

フォトジェニックなスポットもあります。

国内外から集結したショコラティエ、パティシエの皆さん。豪華な顔ぶれ。

18回目となる2020年のテーマは「出会い」。とくに注目は、様々な出会いのインスピレーションが詰まったボンボンショコラのアソート。

カマルグから続く道をイメージし、干し草や塩を使ったアソートや

シェフの好きな素材を詰め合わせたアソートなど。わがままセット、って名前がいいですね。

去年に続き、イートインで楽しめるメニューも充実。ジャンポールエヴァンのスイーツは、本格的で今年も人気が出そう。

辻口シェフのお店には、ルビーチョコレートのドリンク。

明治は、素材としてのカカオや産地、製法などを伝えるブース。

今年は、チョコレートのソルベ(クリームを使わない氷菓)が登場。ついに大手のアイスもここまで!まだ一般販売はなく、サロン・デュ・ショコラ限定だそうです。

そばの実やひまわりの種などのシリアル系を使うのは、フランスでのトレンドなんだとか。日本にも流れが来そうですね。

日本の個人のショコラティエや個人店を応援したいという思いから、今年は小規模店の初出店も。吉祥寺のプレスキルショコラトリーは、定番のガトーショコラに加え、ワインのボンボンショコラやタブレットを限定販売。

滋賀のボンボンショコラも初出店。個人でこれだけのボンボンを仕込むって…すごい。

クラブハリエのボンボンは、とにかくボックスが可愛い!日本のショコラは、概してパッケージのこだわりがすごいです。なぜならそうしないと日本ではチョコレートが売れないから…ギフト需要がメインというのは、フランスとの大きな違い。

カタログでは、ケークが特集されていましたね。ネットでは買えない商品ばかりなので、実は希少。アルノーラエールのジャンドゥジャのケイク、とても美味しかったです!

以上、駆け足で紹介しましたが、サロン・デュ・ショコラ、一部のマニアの祭典ではなく、スイーツ好きなすべての人が楽しめる内容。年々親しみやすいイベントになっていると感じました。私も時間があれば買い物に行きたいと思います。

Sponsored Link

-おしごと, スイーツ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「ルワンジュ東京」オートクチュールケーキ専門店。名物は愛らしすぎるクマケーキ!

六本木にあるオーダーメイドケーキの専門店「ルワンジュ東京」。 企業のパーティーやヒルズ族などセレブ御用達のお店ですが、取材でケーキをいただくことに! こちらが、一番人気の「ヌヌース」というテディベアの …

「da rosa」フランスの人気チョコレート

キムタクのお気に入りということで有名になった、フランスの「da rosa」のレーズンチョコ。友人が、わざわざフランスからお取り寄せしてプレゼントしてくれました。嬉しい! 現地ではガサッと売っているよう …

「ニューヨークシティサンド」行列スイーツを並ばずに買えるのはココ!

東京駅で連日、開店前から大行列をなしているスイーツと言えば、「ニューヨークシティサンド」。 お取り寄せ不可、店舗限定で販売していることもあり、開店から3年経った今もダントツの行列を誇る人気ぶりです。 …

アラン・デュカスの高級チョコレート

主人へのバレンタインは、アラン・デュカスのチョコレート。なかなかのお値段ですが、売り場でボンボンショコラを一粒試食させてもらったら(←なんて太っ腹!)とても美味しかったのです。 口溶けのよさ、素材の味 …

「羊料理」マニアックな羊料理に出合える

マニアックなレシピ本のお手伝いをさせていただきました。 羊ってそもそもジンギスカンかフレンチ、カレーか中華でたまに食べるイメージですが、世界的に見ると様々な羊料理があって。 私が取材させていただいた東 …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
allaboutでの執筆はコチラお仕事の依頼は、facebookまたは上記から経由できます