スティックタイプのチョコドリンクたち

寒い時期に大活躍なのが、温かいドリンク。
とくにココアやホットミルクなどちょっと甘いドリンクは、気持ちをほっこりさせてくれます。
フードライターrieの食日記
最近よく見かけるようになったのが、「かき混ぜて溶かす」タイプのチョコレートドリンクです。

走りは恐らく、「ショコ・レ」。
現在は全国の「プラザ」で販売されているほか、輸入元の全日空商事のHPからも購入できます。

ミルク、ダーク、ヘーゼルナッツ、塩バターキャラメルなどに加え、今年はサダハル・アオキ監修のフレーバーが3種類増え、全11種類のラインナップ。
アオキさん監修は、抹茶、柚子、ノワールの3種で、和テイストが特徴です。

フードライターrieの食日記

探してみると、他にもあります。
こちらは北海道発の「ショコラスプーン」。
北海道産の食材を販売するノースファームストックさんの商品で、こういう商品にしては珍しい国産です。
カカオポットをイメージした見た目がかわいい!
お味は、プレーン、ストロベリー、バナナ、ホワイトの4種類です。

フードライターrieの食日記
こちらは、オランダから来た「チョコレートカンパニー」さん。
まずデザインがオシャレです!

そして、フレーバーも実にユニーク。
ティラミスやカプチーノオレンジ、ヘーゼルナッツキャラメル、エスプレッソ…など、聞いているだけでおいしそう!
2種類のチョコレートがマーブル模様になっていて、オレンジピールやナッツなどがトッピングされていたりするのも、ほかにはない特徴ですね。

いずれもミルクで溶かすだけなので手軽に味わえるし、何よりカップのなかでくるくるくる…と回す作業が楽しい。
取材でいただいて、私も原稿の合間にかなり癒されました。

寒い冬も、こうした食の楽しみがあるなら素敵ですねニコニコ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る