ドミニク・サブロンのラスク

フードライターrieの食日記
たまに手土産にも使っている、「ドミニク・サブロン」さんのラスク。
スタイリッシュなパッケージなので、わりとシーンを選ばず持っていけます。
何箱かを渡すときは、カラーの組合せで選ぶのも楽しい。

フレーバーも豊富で、メープル、塩キャラメル、バニーユなど定番のほか、フレーズ、ショコラなど季節限定も。
昨年の夏に出たココナッツとか、結構お気に入りでした。

フードライターrieの食日記

1箱2袋入りで、サクサク軽い「ソフト」(左)と、カリカリとした「ハード」の2種類が入っています。
パンの種類が違うので、同じ味でも異なる食感が楽しめるのがウレシイですね。

ラスクの人気はいまだ根強くて、本当にいろいろなバリエーションが出ていることにびっくりします。
横浜・元町で人気の和菓子やさん「香炉庵」さんからは、なんとどら焼きの皮がラスクに!

参考サイト

最近は「ラスクは固くて食べにくい」という年配の方に配慮してか、こういうソフトな食感のラスクもたくさん出てきていますね。

ラスクファンとして、今後もいろいろ食べ比べしていきたいと思います!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る