ビバ!宮古島

フードライターrieの食日記
先ほど、宮古島から帰ってきました。

こちらはひどい雨でしたが、あっちは終日ピーカン日和でよかったです。

シュノーケルも楽しかった♪

妹の家に泊まり、島での生活を見ていて感じたことは、東京の生活はなんて無駄が多いんだろうということ。

実家には、ヌイグルミや洋服や化粧品が山のようにあった妹ですが、今住んでいる家はこざっぱりとして、洋服も家電も家財道具も、最低限しか置いていない様子。

自分の部屋を思い浮かべて、「帰ったら、いらないものをまとめて捨てよう」と思ってしまいました。

フードライターrieの食日記

高級品とされる「ヤシガニ」と、釣ってきたぐるくんの唐揚げ、ふーちゃんぷるー、もずく。

いわゆる沖縄料理が、普通に食卓に並ぶのが新鮮な感じ。

ヤシガニは、味噌の味が独特で初めての感覚!海のバターとでもいうべき濃厚な味です。

食の豊かさという意味では、沖縄はやっぱり恵まれている気がしました。

それでも、東京に帰ってきたらやっぱりほっとするんですね。

今自分がいたい場所はここなんだな、と改めて感じてしまった。

モノが溢れていて、みんな忙しく働いていて、つねに周りと比較しながら生きていく毎日でも、やっぱり東京は楽しいなと。

とくに仕事柄、食の楽しみは大きいなと感じます。

忙しい中、島じゅうを案内してくれた二人には本当に感謝。

素敵なことをたくさん教えてくれてありがとう。

離れていても、お互いにがんばろうね!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る