フーデックス2008

行ってきました。フーデックス2008。

ここ数年は毎年行っているので、出てるブースの位置は大体把握している。
国内ブースから見て、海外ブースへ移動するのが毎年の流れ。

海外ブースはゆるーい雰囲気で、誰もいないブースも多く(大体どっかに飲みに行ってる)
国民性の表れ方が面白くてたまらない。
必至に売り込んでる日本人とは対照的。

基本的には、毎年出してる大手企業が中心だけど
塩が多かったり、酢が多かったり、馬肉があったり
何かとその年のトレンドを表しているのが面白い。

今年の傾向は…どうなんでしょうか。

私が感じたのは(あくまで主観です)
ひとつには、日本の地方ブースが元気だったということ。

北海道や石川県など、毎年大きなブースを出している都道府県はもちろん
「ここって名物あるのかな」という都道府県まで。
今年は、例年よりも人の集まり方も多かった気がする。

これも「ご当地グルメ」流行の影響なのでしょうか。

もうひとつは、(不確かだけど)和素材が見直されてきているのかな、と。

調味料はもちろん
スイーツでも、ドラ焼きだったりもなかだったり
何か「和」を感じさせるものが、多かったような気がする。

あとは「食の安心・安全」。
これを全面に打ち出す企業は多かったな。
当たり前の話だけど、これからますます大事になってくる部分だと思うし。

オーガニックのブースも、
一部の興味がある人だけじゃなくて、一般にも広がってきているような。

なんてことを考えながら歩いてました。

そうそう、帰りに出口の階段で思いっきり転んで
3回転くらいして落下していたのは私です…。

ちらばった荷物を拾ってくれた方、ありがとうございました。

ひじょーに恥ずかしかったです…。

本日もランキングお願いします。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る