レトルトカレーの進化

最近、はまっているのがレトルトカレー。
と言うのも、最近は「名店監修」のカレーシリーズが増えていて、しかもかなりクオリティが高いのです。
中には1箱400~600円するようなご当地カレーもありますが、スーパーに行けば、200円台のものだってかなりのバリエーションが発売されています。
で、最近衝撃だったのがこの「コロンビアエイト」監修の商品。
製造はスパイスで知られるS&Bということで、期待も高まります。

何がすごいかというと、ルーのほかに別添えのスパイスとナッツがついていること。

まずは、ごはんにスパイスをかけ、そこに温めたルーをかけます。
カルダモンの香りが鮮烈!

ルーは、さらさらとしたタイプで、辛味もしっかり。
カルダモン強めの個性のある味です。
焙煎ナッツをかければ、見た目は専門店のカレーみたい!
300円ほどで味わえるカレーとしては、満足感が高いのではないかなぁ、と。
ちなみに、王道の新宿中村屋シリーズも、どれも本格的でおすすめです。
逆に当たり外れがあるなと感じるのは、欧風カレー系と、バターチキン系。
お値段もやはり比例するので、400円以下でいかにコスパの高いカレーを見つけるかが、最近の密かな楽しみですぺこ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る