塩麹食べ比べ おうち編

さて、先日は塩こうじの食べ比べでした!

が、早速買いに行くと、どこのスーパーも品切れ中。
「今更来てもあるわけないよ」と、店員のおばちゃんの顔に書いてありました叫び。そりゃそうだよね…。

フードライターrieの食日記
期日が迫るなか、なんとか集めたのがこれ。

ミツカンさんから先日発売になった「麹ディップ」。
食べやすいし用途は広がると思うけど、肝心の麹の味が消えていてちょっとガッカリ。
これではわざわざ麹を使わなくても、「バーニャカウダソース」と「サルサソース」でいい気がするもの…。

塩麹そのものは、直接なめてみると、しょっぱい・甘みがある・香りがいい、などなど若干の違いはあるものの、料理に使ってしまうとそこまでわからないかも…という印象。
お肉やお魚のように漬け込む場合は、塩気が強いよりも麹の香りが残っている方がおいしいと感じたのですが、それは私が「粕漬け」が大好きだからかも。
麹の香りが苦手な人は、お塩に近いしょっぱい系の麹のほうが使いやすいかもしれませんね。

上段真ん中は、千葉の小川屋味噌店さんのもの。
千葉のお店の製品を食べられるのは、なんだか嬉しい。

変わったとこだと、南蛮味噌風の「香糀辛」(冗談右)。
山形県の「いげたや」さんの製品ですが、青唐辛子の辛味がダイレクトにきいていて、辛いもの好きな私でも「火を吹くほど辛い」!!
でも、HPにも紹介されているように、白いご飯やおにぎりの具のほか、焼いた鶏や魚に添えたり、麺料理の薬味として入れたり…と、万能に使えるので超便利!!
とくに、ご飯との相性は抜群です~ラブラブ

糀系の食品は今後も増えてきそうですが、新潮流として注目されているのが、2月に東京進出を果たした「古町糀製造所」さん。

次で詳しく紹介します!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る