夏期限定!ドックヤード・プロジェクションマッピング

本日より開催される、

横浜ドックヤードガーデンの「プロジェクションマッピング」。

プロジェクションマッピングとは、

建物の壁面などをスクリーンに見立て、映像を立体的に映し出す手法。

東京駅やさっぽろ雪まつりなどで開催された今注目のイベントで、

東京駅では、激しい混雑により中止されてしまったことが話題となりました。

国の重要文化財であるドックヤードガーデンは、

かつて造船所だった場所で、U字型の独特の形状が特徴。

今回のプロジェクションマッピングでは、その形状を生かし

高さ約10 メートル・横幅約29メートルの石壁に沿って映像を投影。

正面だけでなく左右にも映像が投影されるので

より映像の世界に入り込んだような感覚を体感できるようになっています。

横浜ドックヤードガーデンでは、

1日5回の上映で、毎回定員は500人。

コンテンツを変えて年末まで上映するようなので

東京駅の時のような混雑はなさそうです。

【開催概要】

開催日:2013年7月16日(火)より毎日実施

開始時間:19:30~、20:10~、20:50~、21:30~、22:10~
上映時間:約7分

整理券:各回500人(無くなり次第終了) *発券時間:10:00~21:00

子連れだと夜のイベントは難しいですが…

機会があったら行ってみたいです音譜

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る