昭和50年代から愛されるご当地グルメ「会津カレー焼きそば」

フードライターrieの食日記

先日届いた、会津のご当地グルメセットプレゼント

ご当地グルメおたくとしては、テンション上がりますアップ

麺やカレーなどのレトルト品と、ソースや塩などの調味料。

パッケージも凝っていて、気合の入り方を感じます。

フードライターrieの食日記

まず食べてみたのは、会津カレー焼きそば。

現地では昭和50年代からあるソウルフードだそう。

これは、会津で40年以上愛され続けている「寿楽」さんの味を再現したもの。

酒好き一家の我が家には、こういうおつまみになる料理がとてもありがたい。

商品コンセプト的にも、お子様向けよりは大人向けのような気がします。

フードライターrieの食日記

中には麺と、ソース、カレーの袋が。

フードライターrieの食日記

現地では、焼きそばの半分にルーがかかっているのが定番のようですが

別々の器に盛りつけて、かけながらいただくことにしました。

フードライターrieの食日記

焼きそばにかけて食べる付属品的な先入観から

てっきり学校の給食のような小麦粉多めのカレーをイメージしていたのですが

挽肉入りで、きちんと作られた感があるのは好印象。

ただ、ちょっとスパイスの苦味が際立ちすぎている?と感じるほど

スパイスがきいているので、完全に大人向けの味です。

フードライターrieの食日記

ドッキングして食べると、

ソースの酸味とカレーの辛味が合わさり、パンチのある味わいに。

もちもちとした麺なので、カレーがよく絡みます。

ちなみに説明書きにはキャベツや豚肉を加えて、とありましたが

カレーに挽肉が入っているので、キャベツだけで十分コクが出ました。

レトルト食品を食べるようなシチュエーションは

食材が家になかったり、作るのが面倒な場合がほとんどなので、

何も足さなくてもおいしい、というのも大事ですよね。

そして、こういう商品を食べていつも思うのは、「現地に食べに行きたい!」ということ。

会津カレー焼きそばのHPを見ると、

各店でカレーの色や具、付け合わせに個性があるので、

きっと全然違う味なんだろうな~と想いを寄せてみたり。

他の商品も、食べてみてから随時紹介したいと思いますニコニコ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る