羽田空港のカツサンドを食べ比べ!

フードライターrieの食日記
月イチくらいでコメントをよせている「週刊文春」。

今回のテーマは羽田空港のカツサンドということで、羽田空港まで買いに行き、わくわくしながらの試食♪

空弁代わりにカツサンドを購入することは多かったですが、いつの間にかすごい種類が増えてました!

ざっと数えただけでも、

・まい泉  (カツサンド)

・キムカツ・ゲンカツ  (ミルフィーユカツサンド)

・さぼてん   (カツサンド)

・和幸     (ヒレカツサンド、和牛と黒豚のメンチカツサンド)

・万世   (万かつサンド/ヒレ、ロース)

・梅林   (ヒレ、ロース)

・スエヒロ (ビーフカツサンド)

・たいめいけん(えびかつ、メンチカツ、ビーフ、ヒレ) 

・花畑牧場  (ホエー豚のメンチカツサンド)

ちなみに私のお気に入りは、たいめいけんの「えびかつ」と、梅林の「ヒレかつサンド」。

カツサンドは基本的に冷めた状態で食べるので、脂が固まりやすいロースよりもやわらかいヒレのほうがおいしいと思っています。

和幸は、300円くらいのミニサイズがあるので、女性にも食べやすいのがいいですね。

そしてメンチカツはわりとどれもはずれがないような。

空の旅のおともにぜひ!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る