肉ブーム到来!?

先日、テレビの「肉ばか」を観ていても感じましたが、最近、肉ブームが確実にきていますね。

こんな不景気だからか、肉=ごちそうという方程式が露骨になっているような。

そこで、私的解釈により肉ブームを分析してみました。

まずは、肉料理が主体のバル。

ここ最近は、魚介居酒屋も衰えをみせ、逆にバル・ビストロ業界が元気ですが

中でも、肉を主体にしたお店が多いですね。

先日紹介した「ワイン&キッチン びーふてい」 のほかに、中目黒の人気店「ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ(元トロワピエロ)」 も、ジビエが豊富な肉ビストロ。エイジングにもこだわっていて、かなり本格的です。

それから、なぜか最近増えている馬肉専門店。

渋谷の「モテなし」 や、「馬喰ろう」 のような、和食というより居酒屋感覚で、カジュアルに提供するお店が人気を集めています。

そして、私の愛する本格ハンバーガーも、一昨年のブームから再び人気を取り戻している様子。

ブーランジェリー「VIRON」が展開する「ゴッサムグリル」 をはじめ、矢澤ミートが展開する「ブラッカウズ」 では、バンズにメゾンカイザーの粉を使うなど、パティだけでなくバンズにもこだわりを見せるお店が人気のようです。

それから、王道の焼肉も、世田谷にひっそりとオープンした「cossotte(コソット)」 をはじめ、おなじみ「ビーフキッチン」 など、オシャレ系が増えているので、女性の焼肉店利用を促している様子。

「ビーフキッチン」さんは、デザートも豊富なのでデートにはおすすめです!

その他、寺門ジモンおすすめで有名な「もんじゃ焼 大木屋」など、厚切りを売りにするお店も人気ですし、お肉ブームは当分続きそうですね。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る