赤羽エキュート

昨年、赤羽にできたエキュート。

スイーツフロアは、モロゾフが手がける生クグロフ専門店をはじめ、文明堂の新ブランド「のんのか」によるカステラドーナツ、「田ノ歩」のコーティングかき餅などなど、ユニークなスイーツがいっぱいです!

そして、上野エキュートに地元上野付近のお菓子屋さんが多数出店しているのと同様、赤羽にもその傾向が。
例えば「赤羽あんこ」。
大正14年創業の地元製餡メーカー「王子製餡」の餡をデニッシュ生地で包んで焼き上げた看板商品をはじめ、新感覚の和スイーツが揃います。

ほかにも、西荻窪の「ラ・ぺーシュブラン」さん、学芸大学の「リュードパッシー」さんなど、個人のパティスリーも出店しており、近年オープンした駅ナカとしてはかなり個性的で充実したラインアップ。
小石川の「パティスリーマリアージュ」には、クリームなどが入った容器にパイをかぶせて焼いた「つぼ焼きりんご」なるユニークなスイーツも!

1点だけ、バームクーヘン専門店の商品構成が、どう見ても近年流行の要素をすべて模倣した形だったのが「これはありなのか??」と気になりましたが…スイーツ業界では売れると真似されるのは避けられない運命ですね。。。

これだけの規模が近所にあったら(しかも夜遅くまで空いてるなんて!)うらやましすぎる!!
池袋にも近いし、赤羽が一気に魅力的な街に見えてきましたニコニコ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る