2014年 スイーツトレンド予測!!

年末から、「2014年のトレンドって何ですか」と聞かれることが多く、

私なりにあれこれ分析していたもので、せっかくなのでブログでもご紹介したいと思います。

2013年は、パンケーキブームと、朝食ブームに牽引され、

わかりやすいトレンドが非常に多く生まれました。

代表例が、フレンチトースト、グラノーラ、ポップコーン。

年末からは、NY発のクロワッサンドーナッツの「クロナッツ」が話題となり、

ここに、今年のトレンドが隠されているように思います。

2014年、キーワードとなるのは、

①「濃厚!!粉モノスイーツ」


②プレミアムスイーツ

の2点が大きな柱になると予測します。

①は、例として…

THE CITY BAKERY 」のプレッツェルクロワッサン

アンドゥドーナツ」のクリームブリュレドーナツ

銀のあん」のクロワッサンたい焼き

チェルシーカフェ」のビスケットサンド

など。

そして②は、コンビニスイーツに顕著な傾向ですが、景気の上向きからかちょっと贅沢なスイーツを求める消費者が増えていると言うこと。

11月に発売された、ミニストップの「プレミアムソフト」、

12月に発売された、ローソンの「ウチカフェKiss

ハーゲンダッツのスペシャルエディション(現在は、「フォレノワール」)

などがそうですね。

ハーゲンダッツにいたっては、1個420円と言う価格設定…。

ジェラート専門店より高いくらいの価格ですが、日本人のスイーツに対する味覚は年々レベルアップしていると思いますから、専門店の味を自宅で気軽に…というニーズは今後も高まりそうな気がします。

これらを見ると、完全に新しいスイーツではなく、オーソドックスなスイーツが一工夫されて新しい味に変化したものが多いように感じます。

ちなみに…

そろそろ、パンケーキ以外のブームを…というのは、メディア側から求められる要求でもありますし、意識的にパンケーキ以外のスイーツを「次にくる人気スイーツ」として特集することも多いです。

ワッフルなんかは、その例でしょうね…。

ただ、そうやってメディアが仕掛けたことから生まれるスイーツトレンドというのは非常に多いので、これからどんなスイーツが取り上げられるのかにも、注目し続けたいと思います。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る