「グリルグランド」浅草の洋食は、ここがいちばん好きです

浅草は東京随意の観光名所(とくに外国人観光客にとっては)であり、有名な洋食店の宝庫ですが、なかでも実直に商売をしていると感じる良店が、ここグリルグランド。

創業は昭和16年。

雷門から少し離れた観音寺裏にあり、落ち着いた雰囲気も魅力です。

現在は2代目夫妻と長男がホールを取り仕切り、次男が3代目として厨房で腕を振るう親子経営。

以前取材させていただいたこともありますが、3代目のご主人はどちらかというと物静かで真面目な印象。

対してチャキチャキした江戸っ子風のご長男の接客もまた、下町らしい風情として温かみがあって楽しいのです。

最初にサラダ。

ドレッシングは酸味穏やか。

ポタージュ

ポタージュ。

お皿まで温められていて、気遣いを感じます。

オムライスは、自慢のデミグラスソースがけ。

おすすめというだけあって、ここのデミグラスソースは本当に美味しい。

べたっとした甘みがなくて、ビターなんだけどコクや酸味のバランスがほどよく、食べていて疲れない。

中のチキンライスもバターやケチャップといった調味料が必要以上に効きすぎず、パラパラで美味しい。

お値段もサラダ、スープ付きで1800円と、観光地にしては良心的。

来店時は観光客らしい一見さんだけでなく、地元の常連さんも多く、長く愛されているお店の絆を垣間見ました。

量もほどよいので、ランチ後に浅草散策で食べ歩きするにもちょうどよいかな。オススメです。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る