MARK IS(マークイズ)みなとみらい 内覧会 その2

続きです。

フードライターrieの食日記

地下1階は、食料品フロア。

ルピシア、カルディ、ビアードパパ、ドンクなど大手に加え、
スイーツは、「濱うさぎ」、「横浜ありあけ」、「横浜フランセ」など、

横浜にゆかりのあるブランドが中心。

ここでしか買えない店は少ないので、スイーツファンにはやや魅力にかけるかな汗

観光客には嬉しいかもしれませんが、横浜市民からすると

都内の有名店が新規出店してくれたほうが全然嬉しいし、

集客効果も高まると思うのですが…。どうなんでしょう。

フードライターrieの食日記

そんな中でも唯一?の日本初上陸店が、「Ogada 五嘉茶」。

韓国で2009年に誕生した韓国茶カフェで、現地では50店舗ほどを展開。

フードライターrieの食日記

オリジナルのブレンド茶をはじめ、

スムージーや韓国スイーツ(ホットクケーキ)などが揃います。

韓国茶が一律550円、ホットクケーキが650円とかなり強気な価格設定ですが

果たして成功するでしょうか…。

フードライターrieの食日記

軽井沢、丸の内などに展開する「酢重正之商店」は、神奈川初出店。

味噌やだし、つゆなど、ワンランク上の和の調味料が揃います。

その他、注目を集めそうなのが、各店の「マークイズ限定」商品。

フードライターrieの食日記

生チョコの「シルスマリア」からは、トマトの生チョコ。

フードライターrieの食日記

「カファレル」からは、パルフェスタイルのスイーツ「コッパ」がお目見え。

フードライターrieの食日記
プレッツェルのアンティアンズからは、フレンチトーストスタイルの限定メニューが。

絶対美味しそうなのに、ディスプレーで損してる気が(笑)

以上、駆け足ですがレポートでした。

飲食に限って言うと、今回は日本初、新業態が少ないこともあり

正直、目玉らしい目玉はない…という印象ですが

ジャックモールの跡地だけに横浜市民にとっては期待度も高く、

しばらくは混雑が続きそうです。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る