フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

全国の名産品、お土産

「まるごとにっぽん」味見祭りで、全国の名産品を食べ比べ

投稿日:

日本各地の名産品を集めた浅草の商業施設「まるごとにっぽん」にて、各地の名産品を試食できる「味見祭り2018」が、10/6に開催。

全国の食材生産者や加工業者と、バイヤーやシェフとの出会いを目的に行われる同イベント。

前日にメディア枠でご招待いただき、参加してきました。

約190商品を試食できるということで、会場にはさまざまな商品が。

肉、魚の加工品、調味料が多い印象でした。

個人的に気に入ったのは、愛媛の「おともしいたけ」。

椎茸の佃煮って味が濃いものが多いのですが、これは椎茸の食感も風味も残っていて美味しかったです。あと、ネーミングもいい。

その他、印象に残ったのは、特設の帯広ブース。

シャドークイーン、ノーザンルビーなどのじゃがいもは、一年熟成させることで糖度が増し、とっても甘い。

日本初という和牛とジャージー牛の勾配種「松橋牛」のステーキ、500日熟成の国産プロシュートなどもあり、まだ知られざる北海道の素材のポテンシャルも感じさせてくれました。

「メゾンジブレー」江森シェフ、「レザネフォール」菊地シェフが出展品を使ったスイーツも提供。

江森シェフは、芋焼酎、佐賀のゲンコウという柑橘、鹿児島の知覧茶酎を使ったジェラートを紹介。

芋焼酎のジェラート、こんなに香りがふくよかとは!スイーツへの展開の可能性を感じさせてくれる一品でした。

出品されていた商品は、「まるごとにっぽん」で購入できるものも多数。

創業3年を迎えた「まるごとにっぽん」。

日本の産業を応援する気持ちで、浅草観光の際はぜひ多くの人に立ち寄っていただきたいスポットです。

Sponsored Link

-全国の名産品、お土産
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子連れ岡山旅行①

GW、我が家と妹家族と両親という大所帯で、岡山へ旅行に行って来ました。 旅行先を周囲に話すと、みんな「なぜ岡山!?」という反応。。。 それだけ旅行先としてはマイナーな県、ということですね…。 旅の始ま …

ぶどうの品種が気になる!希少な「黄甘」を食べてみた

先日、「マツコの知らない世界」でも紹介されていたぶどう。 最近、スーパーには種無しぶどうの色々な品種が並ぶようになったなぁ、と感じていたのですが、世界には10000種類以上、日本だけでも100種類以上 …

「鍵善良房」300年以上の歴史を経てなお美しい、芸術的落雁

享保年間創業、京都の老舗和菓子店「鍵善良房」。 祇園の本店、高台寺店、ゼンカフェの3店舗。 いずれも喫茶メニューがあり、くずきりが名物として知られています。 創業からの代表作は、落雁。 木箱の中から現 …

小松島市のはも、知ってますか?

※小松島市のサイトより一部画像拝借しています 人口3万8000人の徳島県小松島(こまつしま)市は、古くから関西と四国を結ぶ海の玄関口として栄え、昨今では海外からの大型客船が寄港することでも知られていま …

「亀屋」手土産やお取り寄せに。房総の老舗の逸品「あわび姿煮」

千葉・南房総に7店舗を展開する「亀屋本店」は、1906年創業。 醤油、味噌の製造などを基盤に、戦後になって看板商品の「鯛みそ」を開発。 その他、鯛せんべいやびわぜりーなどが房総のお土産品として知られて …