フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ 木更津・君津あたり

「野口製菓」どら焼きが絶品!房総の小さな和菓子店

投稿日:

富津公園から車で5分ほどの「野口製菓」

創業は、1943年。

現在はご兄弟が跡を継ぎ、2013年にリニューアルして営業しています。

ここのどら焼きは本当に美味しくて、実家の手土産の定番。都内の有名店より美味しいと思う。

私はお店に立ち寄るのは初めてなので、テンション上がりつつ店内へ。

売り場の奥に厨房があって、最中に餡を入れている作業を見ることができました。手作業でひとつひとつ、丁寧に作っている様子が伝わってきます。

残念なことに、この日はどら焼きが売り切れ~(*_*)

ですが、こぢんまりとした店内には他にも魅力的なお菓子がたくさんあったので、おやつ用に色々買ってみました。

いちご羊羹やピーナッツ羊羹、チョコ饅頭などの和洋菓子に、懐かしいミルク煎餅や、マフィン、フィナンシェなどの洋菓子までバリエーション豊富。

房総名物のバカ貝(アオヤギ)をモチーフにした「バカ最中」も手土産として人気です。

ほとんどが、ひとつ100円台。良心的な価格で、日常使いもできる素敵なお店。

ブッセの中身は、こしあんとバター。

生地がさっくりしていて美味しい~。

量産品にはない温かみと、素材の香りや味、食感が味わえるお菓子たち。

富津でこれからも頑張って欲しいです!

Sponsored Link

-スイーツ, 木更津・君津あたり
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「アルノーラエール」フランス巨匠のパティスリー

パリに3店舗展開し、日本のチョコレートの催事でも人気の高い「アルノー・ラエール」の日本1号店。 私がこの名前を初めて耳にしたのはもう10年以上前。パリセヴェイユ金子シェフなど、著名なパティシエの修業先 …

「アンヌ国立スイーツ」焼きっぱなしの焼き菓子も人気

南武線谷保駅から徒歩10分ほどの場所に「アンヌ国立スイーツ」。 「フジウ」、「アンプチパケ」というフランス菓子の名店を経て、六本木「ココアンジュ」でシェフを務めた宮野シェフが2018年4月にオープン。 …

「メゾンジブレー」秋冬新作発表会&新店オープン告知

今年も、「メゾンジブレー」の秋冬新作発表会にお招きいただきました。 写真は、クリスマスのアントルメグラッセ。かわいいピンクのリースは、ルビーチョコレートを使ったもの。開発には苦労もあったそうですが、ベ …

「いちびこ」いちごスイーツを心ゆくまで

SNSで話題のいちごスイーツ専門店「いちびこ」。 三軒茶屋駅から徒歩10分ほどの住宅街にひっそりとあります。お隣は太子堂小学校で、昼間は本当に静かな立地。 写真は、ボトルに入った名物の「いちごみるく」 …

「亀屋」手土産やお取り寄せに。房総の老舗の逸品「あわび姿煮」

千葉・南房総に7店舗を展開する「亀屋本店」は、1906年創業。 醤油、味噌の製造などを基盤に、戦後になって看板商品の「鯛みそ」を開発。 その他、鯛せんべいやびわぜりーなどが房総のお土産品として知られて …