フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

綱島~横浜地元ネタ

「杉玉」スシローの居酒屋業態が綱島に!

投稿日:2019年8月10日 更新日:

回転寿司業界で圧倒的な人気を誇るスシロー。我が家も大好きです。

そんなスシローが、2017年からひそかに展開していた寿司居酒屋業態が、「杉玉」。

店舗の実力だけで勝負できるかを見極めるため、なんと3店舗目まではスシロー系列であることを隠して展開されていたといいます。

そんな杉玉が、2019年5月、なんと綱島に出店!

同業態では6店舗目、神奈川初出店だそう。

スシローらしい、遊び心溢れるメニューがたくさん。ほとんどか299円という根付け。

カニカマ蟹味噌アヒージョ。

大ぶりなカニカマが4つ。なかなか面白いメニュー。奥は、マグロアボカドユッケ雲丹マヨ。こちらは、アボカドがぐすぐすで残念。

雲丹醤油で食べるシュウマイは、エビ、イカ、穴子など選べるのですが、まさかこんなビジュアルとは驚き!

極み寿司より、いくつか。

マグロロッシーニ風は、フォアグラの代わりにあん肝。海老はトリュフのせ。

商品名のインパクトはあるし、一度は食べてみようと思うけど、リピートはないかな…

実はスシローが新業態に挑戦するのは、これが初めてではありません。回転しないダイニング業態「ツマミグイ」や、職人が握るアッパー業態「七海の幸」などを展開しましたが、いずれもコンセプトが明確に立たず撤退。

100円の寿司で十分満足している客層により高いお金で食べてもらうって…よっぽどの魅力がないと難しいですよね。まだスシローがいまほどの知名度もない頃で、時期尚早感もあったかと思います。

スシローが十分なブランド力をつけた今、「杉玉」は話題の新業態として賑わっている様子。この日も満席であとから来たお客さん、かなり断っていしました。

次回は、普通の寿司を食べてみて、再評価したいと思います。

Sponsored Link

-綱島~横浜地元ネタ,
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「招福門」中華街でキッズ点心教室

夏休みの思い出作りとして、保育園からのお友達と中華街のキッズ点心教室に参加してきました~。場所は、点心ビュッフェで人気の招福門。一度、専門誌で取材したこともありますが、食べ放題なのに点心はちゃんと点心 …

「鮨くりや川」研究熱心な店主が編み出す、クリエイティブなつまみ&鮨。なんと子連れもOK!

東京はいま、空前の高級鮨ブーム。 出せば当たると言われていますが、ゆえに自分だけのカラーを出すのが難しい時代になっています。 そんな中、昨年末に取材させていただき、強く印象に残っているのが恵比寿「鮨く …

「ユウジアジキ」日本一のケーキ

食べログのパティスリー部門で、不動の一位に君臨する「スイーツガーデン ユウジアジキ」。 日本一のケーキ屋さんが我が家のすぐ近く(車で20分くらい)の距離にあるというのは、ものすごく幸せなことなんだと思 …

「ラ テンダロッサ」横浜最高イタリアンで

例年、宿題の原稿を抱えたまま年末年始を迎えておりますが、今年はなんとか28日深夜に仕事納め。 レシピ本でもお世話になった横浜「ラ テンダロッサ」、最終営業日のランチにお友達家族とお邪魔しました。 ここ …

「山東」中華街の行列店!ココナッツ風味のタレでいただく絶品水餃子

週末、山手で開催されていた義父の写真展を鑑賞した帰り、中華街で3世代ランチ。 中華街のランチ、どこにしようか迷いますが、食べたいものを明確に選ぶのが吉。 四川なら「景徳鎮」、魚介なら「獅門酒楼」、点心 …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
allaboutでの執筆はコチラお仕事の依頼は、facebookまたは上記から経由できます