「おぐら家」ミシュランビブグルマンの注目和食店

池尻大橋駅からすぐの場所にありながら、隠れ家的な雰囲気を醸す「おぐら家」。
以前は現在の斜め向かいの場所で営業していましたが、移転。
個室も完備し、接待使いにもふさわしい雰囲気へ生まれ変わりました。

この日は取材で、7500円のコース。
春の山菜をすだちジュレでスタート。

桜えびの量が半端ないひろうず。海老の香りが濃厚!

ワインも売りにしているおぐら家さんでは、揚げ物は和食の定番の天ぷらではなく、春巻きやコロッケなどにアレンジし、ワインとの相性を高めているそう。
この日はホタルイカ。もちろん日本酒にも合います!

鳴門海峡から直送する新鮮な鮮魚が売りのひとつ。
美しい盛り付けで、目でも楽しませてくれます。

目にもきれいな枝豆豆腐は、雲丹と道明寺を添えて。
食べ合わせ的には必然性を感じないけど、だしのおいしさが印象に残りました。

旬の筍は、軽い炊き合わせで。
歯応えのある鳴門のワカメもきちんと美味しい。

肉料理は、尾崎牛。
山わさびでさっぱりいただくのが和食らしいけれど、肉の切り方が少し雑かなぁ。筋が残り残念。

名物とも言える鯛の炊き込みご飯は、あえて蒸らしをとらずに提供するそう。
お焦げのできたご飯は、パラパラと固め。 お酒のアテには、確かにもっちりしたご飯より食べやすいのかもしれない。

日本酒も充実していますが、店主が好きだというフランスワインも豊富。
ボトル4000円台~とリーズナブルです。
お店の雰囲気含め満足度が高かったので、後日5000円のコースでお邪魔したのですが…結論からいうと、7500円の方が満足度は高いかな。
アラカルトも充実しているので、カジュアルに使い勝手のよいお店です。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る