「さぬきうまいもん祭りin東京」オリーブハマチ&オリーブ牛を食す【前編】

フードライターrieの食日記

昨日、朝日生命大手町ビルにあるレストラン「東京ジョンブル」さんにて、香川の食を広めるイベント(記者会見)にご招待いただきました!
先日、せっせと香川旅行の日記をブログにアップしたからでしょうか…。思わぬ御縁。
この日は香川県知事・浜田恵造氏と、香川出身の要潤さん、木内晶子さんも来場。
香川県を「うどん県」に改名し、要さん、木内さんがうどん県副県知事に任命されるというセレモニーも。

香川県と言えば、誰もが思い浮かべるのは讃岐うどん。
でも香川県としては、うどんだけではない香川の魅力を知ってほしい!というのがこの会見の目的。
たしかに郷土の食文化や特産物は、旅の楽しみのひとつラブラブ一般の人にも魅力を訴えやすいですよね。

フードライターrieの食日記
ということで、今回は香川県産のオリーブハマチとオリーブ牛のお披露目がメイン。
フレンチ仕立てのお料理で堪能させていただきました。

フードライターrieの食日記
メニューはこんな感じ。
お魚、お肉、デザートまで、県産食材のお料理が豊富に揃っていました。

フードライターrieの食日記
丸ノ内ホテル総料理長・山口仁八郎さんから、料理の説明をいただきます。
実はもう香川県産食材を使って10年にもなるそう。
「ジョンブル」でも、つねに香川県産食材を用いた料理を提供しているそうです。

フードライターrieの食日記
では1品目より。オリーブハマチのタルト。
マッシュした大根の上に、新浸けのオリーブ、ハマチのコンビネーション。
脂ののったハマチなので、大根のさっぱり感がちょうどいいです。
オリーブの風味も新浸けなので、フレッシュ感があって爽やか。

フードライターrieの食日記
オリーブ牛フィレ肉の山椒風味。
ジャンボしいたけで包んだお肉は、箸で切れるほどやわらかでしっとりした口当たり!
清涼感のある山椒のソースが重たくないので、素材の味が生かされています。

フードライターrieの食日記
荒井さんのオリーブ油を添えたビスコッティ。
このオリーブ油、年間生産量約800本の希少なオリーブ油だそうで、価格はなんと1本12600円!
一般庶民には手が届かないですが…高級フレンチやイタリアンで使うには話題性もあっていいですね。
食べ方は楽しいですが、オイル自体がとっても繊細な香りなので、ビスコッティの風味が勝ってしまったのがザンネン。

フードライターrieの食日記
その他のお料理はビュッフェで。
香川の味覚満載のお料理の詳細は… →→ 中編へ続く

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る