「たいやき ひいらぎ」パリパリ感がすごい!


昨日ブログを書いていて、思わず食べたくなって
打ち合わせ帰りに、恵比寿で下車。

この寒空のせいでか、運良く行列は3人。よかったぁ。

お土産用と、やっぱり焼きたてを食べたいので一つは別にしてもらい。
人目を気にしつつも、すぐにぱくり。

ところで、鯛焼きって頭としっぽ、どちらから食べますか?

あんこのギュウッと詰まった感じを堪能したいなら頭から
皮のカリカリッとした食感を味わいたいならしっぽから
というのが私のイメージなのですが。

要は好きなように食べればそれが一番!


今日は寒かったので、頭からがっつりいただきます。


まず驚くのが皮の薄さ!
カリカリを通り越してパリッパリという感じ。
薄焼きせんべいのような、サクサク感もある極薄の生地。
こちらの鯛焼きは、30分以上かけて表面をしっかり焼き上げているそうで。
もっちり、ふっくらした鯛焼きとは一線を画す、軽い口当たりは新鮮かも。

これに、北海道産小豆100%のあんこがギュウギュウ。
あんこもあっさりした甘さで、たっぷり入っていても飽きずに最後までいけてしまう味。
薄焼きの皮とのバランスがしっかり考えられている感じがします。

同じく恵比寿には、反対側の商店街に「ちか八」というお店もあり。

もとはお煎餅屋さんなのですが、
こちらの名物は「鯛焼き」と「えびす焼き」。

「えびす焼き」は、文字通りエビス様の顔をしていて、中にあんこと白玉が1個入ってます。

いまではスイーツ大好きを自負する私も
幼い頃は、三角のショートケーキ1個が食べ切れないくらいで
和菓子に至っては、あんこが食べられる(美味しいと感じる)ようになったのは
実は大人になってから。

スイーツは…知ってしまうとハマりますね。中毒性のある危険な食べ物かも(笑)

ブログランキング参加中。よかったらクリックしてください。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309


「たいやき ひいらぎ」
渋谷区恵比寿1-4-1 恵比寿アーバンハウス1F
03-3473-7050(電話予約あり)
11:00~20:00 日曜定休

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る