「アンティーク」あまりの味の劣化にがっかり…

フードライターrieの食日記
「天使のチョコリング」で一世を風靡したアンティークさん。
デニッシュ生地にこれでもかと入ったチョコチップとクルミのハイカロリーな味が、結構好きだったのですが…。

久しぶりに買ったら、劇的にマズくなっていて大ショック…。

まず、生地がふかふかすぎておいしくない。
以前はもっと油脂のリッチな風味があり、サクサクの層も感じられる生地だったのですが…風味もないし、サクサク感がまったくない。これはデニッシュ生地と呼べないのでは?

そして、クルミの量が激減…というか、どこに入ってるの?という少なさ。
最初に包丁でカットした部分にはまったく入っていなくて、もしかして不良品かな?と思って開いてみたら、かすかに数粒…。
前はもっとぎっしり入っていて、その香ばしさがアクセントになっておいしかったのになぁ…。これではただの「チョコチップパン」です。

今のアンティークを初めて食べた人は、はたしてリピートするでしょうか…。
若い社長に頑張ってほしいなと思っていたし、以前の味がわりと好きだっただけに、とってもザンネン。
大量生産で材料ケチったのか、たまたま運が悪かったのかはわかりませんが…。

願わくば、昔の味に戻ることを祈ってます。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る