フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ 日々のこと

「アンヌ国立スイーツ」焼きっぱなしの焼き菓子も人気

投稿日:2018年9月4日 更新日:

南武線谷保駅から徒歩10分ほどの場所に「アンヌ国立スイーツ」。

「フジウ」、「アンプチパケ」というフランス菓子の名店を経て、六本木「ココアンジュ」でシェフを務めた宮野シェフが2018年4月にオープン。

生菓子は15点くらいかな。オープンしたばかりなので、これから冬に向けて増えそうですね。うかがったときは、マンゴーやブドウなど夏らしいラインナップでした。

店内でひときわ目を引くのが、この「おやつ」コーナー。

パウンドケーキやマフィン、クロワッサンなど、毎日焼きたてのパンや焼き菓子が並んでおり、とってもいい香り!

きちんと手作りされたおやつが日常的に気軽に買えるのは、とても素敵。

カヌレは、簡単なラッピングもしてくれるので、手土産にもぴったり。

私も大好きなクイニーアマン、意外に買えるお店が少ないので嬉しい。

アンヌ国立スイーツ

生菓子は、ショートケーキ、季節のサバラン、大きなシュークリームなど、シンプルで親しみやすいお菓子が中心。

シェフの修業歴からは、もっとフランス菓子に寄った商品構成を想定してしまいますが、長く修業していたからこそ、日本でフランス菓子を根付かせる難しさも痛感する、ということもあるでしょう。

素材がストレートに伝わってくるお菓子ばかりで、どれもとても美味しかったです!

最近は、こうした都心の少し郊外で独立するシェフも多いように感じます。

若き宮野シェフ、これからの展開も楽しみにしています!

Sponsored Link

-スイーツ, 日々のこと
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

メリーチョコレートが可愛く進化!バレンタインのプチギフトにおすすめ

女の子の横顔のロゴで知られる、チョコレートブランドのメリーチョコレート。 創業は1950(昭和25)年。 1958年にはバレンタインチョコの発売を開始し、日本におけるバレンタインイベントの定着にも貢献 …

「菓心 桔梗屋」orioriにてご紹介

和菓子情報サイト「oriori」で、新丸子の桔梗屋さんをご紹介させていただきました。 https://oriori-web.jp/?gclid=CjwKCAiAuoqABhAsEiwAdSkVVDls …

みなとみらい「果実園リーベル」で、オトクにフルーツモーニング

ランドマークタワーで、朝から営業。 晴れた平日、みなとみらいで女子会モーニング。 訪れたのは、ランドマークにある果実園リーベル。 モーニングのメニュー モーニングは、1000円でお釣りが来る金額から楽 …

no image

アフターコロナの飲食業界。20代の注目経営者が語る、生き抜くために僕らがやること(笹木理恵) – 個人 – Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/sasakirie/20200529-00180817/ 緊急事態宣言が解除されましたが、私たちの価値観は大きく変化しました。それは飲食 …

アラン・デュカスの高級チョコレート

主人へのバレンタインは、アラン・デュカスのチョコレート。なかなかのお値段ですが、売り場でボンボンショコラを一粒試食させてもらったら(←なんて太っ腹!)とても美味しかったのです。 口溶けのよさ、素材の味 …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
お仕事のご依頼・ご相談は、contactよりお気軽にどうぞ!