フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ 日々のこと

「アンヌ国立スイーツ」焼きっぱなしの焼き菓子も人気

投稿日:2018年9月4日 更新日:

南武線谷保駅から徒歩10分ほどの場所に「アンヌ国立スイーツ」。

「フジウ」、「アンプチパケ」というフランス菓子の名店を経て、六本木「ココアンジュ」でシェフを務めた宮野シェフが2018年4月にオープン。

生菓子は15点くらいかな。オープンしたばかりなので、これから冬に向けて増えそうですね。うかがったときは、マンゴーやブドウなど夏らしいラインナップでした。

店内でひときわ目を引くのが、この「おやつ」コーナー。

パウンドケーキやマフィン、クロワッサンなど、毎日焼きたてのパンや焼き菓子が並んでおり、とってもいい香り!

きちんと手作りされたおやつが日常的に気軽に買えるのは、とても素敵。

カヌレは、簡単なラッピングもしてくれるので、手土産にもぴったり。

私も大好きなクイニーアマン、意外に買えるお店が少ないので嬉しい。

アンヌ国立スイーツ

生菓子は、ショートケーキ、季節のサバラン、大きなシュークリームなど、シンプルで親しみやすいお菓子が中心。

シェフの修業歴からは、もっとフランス菓子に寄った商品構成を想定してしまいますが、長く修業していたからこそ、日本でフランス菓子を根付かせる難しさも痛感する、ということもあるでしょう。

素材がストレートに伝わってくるお菓子ばかりで、どれもとても美味しかったです!

最近は、こうした都心の少し郊外で独立するシェフも多いように感じます。

若き宮野シェフ、これからの展開も楽しみにしています!

Sponsored Link

-スイーツ, 日々のこと
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「ふわもち邸」北海道からやってきた!罪悪感なしのふわふわドーナツ

北海道に本店を持つ、ドーナツとベーグルのお店ふわもち邸。 東京では、用賀に暖簾分け店が昨年12月にオープン。本店で5年勤務した店主が営んでいるようです。写真は、一番人気のごまあんこと、いちごみるく、コ …

「オクトーブル」ガトータタンで秋の気配

世田谷パン本の取材で、三軒茶屋へ。 帰り道、イートインスペースのあるオクトーブルにて、秋のお菓子を。 「ガトータタン」。 ほんのりシナモン香るキャラメルムースを仕込んだパイの上に、バターと焦がしキャラ …

うなぎパイV.S.O.P

うなぎパイの高級バージョン、「うなぎパイV.S.O.P.」をお土産にいただきました。 マカダミアナッツと高級ブランデーが使われており、通常のうなぎパイよりもサイズも大きめ。 ナッツの香ばしい風味が感じ …

5歳おめでとう

息子5歳になりました。12月のお誕生日とあって毎年慌ただしいのですが、今年は特にバタバタで…。ケーキも力尽き感満載。。。それでも喜んでくれる息子は、本当に尊い存在です。ちなみにクッキーは、今回も娘が手 …

2019クリスマスケーキは、ルメルシエにて!

数年ぶりの平日だった2019年のクリスマス。 パティスリーでは、21、22の週末にやはり注文が集中し、当日は穏やかだったという声も聞きました。 我が家は、日吉「ルメルシエ」で購入。 友人とのパーティー …