「エディション コウジシモムラ 後篇」魅惑のデセール三昧♪

せっかく来たからには、デセールも堪能したい!ということで、4品も出していただきました。

しかも4人中2人は先日もお店に来ていたので、2人ずつ違う種類を出してくださいました。大感激!

フードライターrieの食日記

プレ・デセールのココナッツのソルベとムース。

下にはアロエと細かく刻んだパイナップルのソース。食感のコントラストが絶妙です。

フードライターrieの食日記

仏産赤桃のソルベと杏のコンポート(確か)。

上にぱちぱち口の中ではじける粉末がふってあって、食感が楽しい。

フードライターrieの食日記

2皿目。

女子なら誰もが「かわいー!」と叫びたくなるでしょ。

フランボワーズは、メレンゲ(卵白)を使わず、ゼラチンで泡立てることで軽さを出しているそう。

ギモーヴとセミフレッドの中間のような食感だけど、フランボワーズの味が鮮烈に出ています。

フードライターrieの食日記

バナナ、リンゴ、●●?のキャラメリゼ。

おいしくないわけがありません。キャラメルが私好みのビターな感じでとってもおいしい。

フードライターrieの食日記

3品目。

11種類のスパイスを使った洋ナシのソルベ?(この頃ちょっと眠気が…)

ねっとりと甘すぎる感じがなく、スパイスの香りでエキゾチックな味わいに。

フードライターrieの食日記

4品目。スぺシャリテの「カカオのデクリネゾン(ガナッシュ、ソルベ、水)。

3年前、まだ駆け出しライターの頃に取材させていただいて大感激した思い出の1品です。

(結局、表紙に使わせていただいたくらい)

生クリームを使わないからこそのカカオ感。パウダー状のカカオソルベも美味。

フードライターrieの食日記

エディション風モンブラン。

カスタードに見えるのは、実はパッションフルーツのエスプーマという意外性。

フードライターrieの食日記

コーヒーとともに出されたのは、コーヒーのムースとアボカドとパイナップルのムース。

パイナップルはスパイスがきいていて、お口をさっぱりさせてくれました。

フードライターrieの食日記
最後に、シェフのカトラリーコレクションも見せていただきました。

ポップなのに洗練されたデザイン。もちろん食べやすさも配慮されつくした感じ。

4時間の滞在とはいえ、こうして写真で見ると恐ろしい量を食べてますね…。

ワインでおいしかったのは、「ヴァン・キュイ」。古酒のようななめらかな味わい。

甘口好きなので、アルザスのリースリングもおいしかったなー。
フードライターrieの食日記

結局、ビルが閉まってしまう時間まで滞在してしまい、シェフ自ら外までお見送りいただいて申し訳ない限り。

今年のミシュランも確実ですかね!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る