「カカオエット・パリ」パリ仕込みの夏スイーツ

カカオエット_R000中目黒に2006年12月にオープン以来、評価の高い「カカオエット・パリ」。
キュートで遊び心にあふれたスイーツが評判です。

中目黒からは徒歩10分弱の小さなお店。
ショーケースの奥はガラス張りの厨房になっていて、シェフのジェローム・ケネル氏の製造中の姿が見られる。
こういうふうに、作り手が見えるお店っていいですよね。
小さなカウンターもあって、イートインもできる模様。

こちらで評判なのは、数種類を揃えるグラスデザート。
定番の「クレームブリュレフレーズ」は、なんとグラスにストローが!
そしてよーく見ると、水玉模様のブリュレの部分が宙に浮いているのです。
下のイチゴピュレをストローで飲みながら、ブリュレをすくって食べるというもの。
ブリュレに使っているのはタヒチ産バニラかな?アニス系の濃厚な香りを感じます。

その他、ヨーグルトムースがベースの夏の新作「ヤオルト・エ・コンフィチュール・ドゥ・レ」、バジルのジュレが香る「シトロン ヴェール エ バジリック」など。

カカオエット_R001スペシャリテはこちら。くまの形がかわいい「マダム」。
レモンの上掛けをほどこしたチョコレート生地に、ミルキーなチョコレートムース。
下はどっしり、上はふわっとした食感の違いも楽しめます。

全体的に、味はフランス的という印象。
素材の味をできるだけ生かす日本のパティスリーとはまったく違う味わいなので、好みが分かれるところかも。
ケーキ4個で2000円超えてしまうので安くはないですが…訪れるたびに発見がありそうなお店です。

本日もランキングお願いします。
ブログランキングhttp://blog.with2.net/link.php?564309
お店のHP

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る