「サークルKサンクス」窯出しとろけるプリン

サークルKサンクスのスイーツのPB「シェリエドルチェ」 シリーズの中でも

同社がもっとも力を入れている商品が、プリン。

フードライターrieの食日記
人気の「窯出しとろけるプリン」は、

「シェリエドルチェ」立ち上がりの頃からのロングセラー商品です。

とろけるプリンというとパステルが代名詞のようjになっていますが

その半分の価格で味わえる、なめらかプリンの実力はいかに!?

製造は、愛知の㈱ロピア。

サークルKサンクスの親会社が愛知なことも関係しているのでしょうか?

カップスイーツなどスーパー向けのデザートを製造している製菓メーカーで、

そういえば見たことがある商品もちらほら。

こちらも、絹ごしプリンを看板商品にしているのですね。

フードライターrieの食日記
とろける~と謳っているだけあって、食感はとろとろなめらか。

卵の風味に乳のコクも結構きいていて、

リッチ感のある味わいです。

バニラの風味はそこまで強調されてはいないですが、

逆に香料っぽい感じがしなくて、好ましい味です。

カラメルソースは、まろやかな味で苦味も抑えめ。

存在感も弱めで、主役のプリンを引き立たせるためのソースといった印象。

そういえばサークルKサンクスって、Wikipediaによると

半数以上の店舗が中部地方に集中していて、

関東では神奈川と東京にしか展開していないそうです。

なかでも、親会社のユニーの関東本部が神奈川県横浜市にあることから

神奈川県に多く出店しているそう。

確かに三茶から横浜へ引っ越ししてきてから、

サークルK、よく見かけるなぁと思っていたのですが!

全国どこでも同じ印象のコンビニですが

実は地方色も意外に強かったり、

ユニークなプチ情報がたくさんあるので面白いですニコニコ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る