「ジュン ウジタ」碑文谷の名パティスリー

碑文谷での取材帰り、せっかくここまで来たのでジュンウジタさんへ。
初めて取材させていただいたのは、雪乃下の頃。
もう独立されて3年経つのですね…早いなぁー。
ゆっくりケーキを食べる気満々だったのが、予想外に次の取材までの時間がなくなり、サクッと食べられるシュークリームだけ店頭で食べてバスに飛び乗りました。無念。

表面はさっくりしつつもふんわりと歯切れのよいシュー生地は、焼いた香ばしい香りが心地よい。
中は、クレーム・ディプロマットだと思うのだけど、カスタードクリームと生クリームが完全に混ざりきらずにマーブル状に。
ぽってり固めのカスタードと、ふわっと空気を抱いた生クリーム、それぞれの味の輪郭がはっきりとして、とても美味しい。
寿司店はしゃり、うなぎ店はたれの味がお店との相性を図る尺度になるように、パティスリーの場合は、カスタードクリームとタルト生地が、私の中では大きな比重を占めているように思います。
バニラのきいたカスタードクリーム、かなり好みだったので、きっと他のケーキも期待以上だろうなぁ。
駅からは遠いけど、また時間をおかず訪れたいお店です。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る