「セブンゴールド 金の食パン」リッチなおいしさ

フードライターrieの食日記

今更ですが、話題沸騰の「セブンゴールド 金の食パン」を食べてみました。

今年4月の発売以来、4ヶ月で1500万個を販売。

この10月にリニューアルし、よりおいしくなったそう。

セブンゴールドは、セブンプレミアムのワンランク上のブランドで

厳選した素材を使い、上質を求めるお客様のニーズにこたえる商品が特徴。

フードライターrieの食日記金の食パンは、以下の材料がおいしさのヒミツだそうです。

・セブン&アイグループ限定仕様のスペシャルブレンド小麦粉
・北海道産生クリーム
・北海道産甜菜糖
・カナダ産はちみつ
・赤穂の天日塩

イーストフードや保存料は無添加ですし、

先日のローソンのロールケーキと言い

素材にこだわった本格志向の商品が、コンビニでも売れる時代になりましたね。

この度のリニューアルでは、カナダ産のハチミツを増量するなど

原材料の配合を見直して「小麦本来の甘さと旨み」を維持しながら

さらに「生地のしっとりさ」と「風味とコク」を向上。

トーストした際の香ばしい香りと、

「外はサックリ、中はしっとり」とした食感をより際立たせたそう。

トースト向けの、厚めのカット。

質感はしっとり、もっちりとして、手に吸い付くよう。

さすがにここまで売れていると、普段パンを食べないオットも気になったようで

珍しく「食べる」というので、1枚ずつトーストに。

フードライターrieの食日記
焼くと、香ばしく甘~い香りがさらに際立ちます。

この香りのよさは、確かに他の食パンにはないかも。喫茶店のトーストみたい。

先に食べたオットが「これ、うまい」とあっという間に完食してました。

食べてみると、耳までやわらかく、サクッと歯切れのよい食感。

ハチミツの甘みに加えて生クリームのコクも感じられ、かなり甘みが特徴的です。

普通の食パンを食べ慣れていたら、確かにこれは「超リッチ」なスペシャル感のある味。

そのままでもおいしそうですが、バターとの相性も抜群なので、

やっぱりトーストとかフレンチトーストに向いてそうだと感じました。

ちなみに10 月下旬には、「金の食パン」と同じブレンド小麦粉を使用し、

手作業で成形してもっちり感を出した

「セブンゴールド 金のロール プレーン」も発売予定。

こちらも、発売直後は売れそうですね~。

こうやって1品でもすごいと思う商品があると、

他のセブンゴールド商品も買ってみようと思いますし

しばらくセブンイレブンの勢いは止まらなそうです。

と言いつつ、私もロールパンはたぶん買ってしまうと思います(笑)

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る