「ダズン フォー」和風ジェラートとぱんのお店

経堂にある和風ジェラートとパンの店「ダズン フォー」。

コンセプトからしてイマドキな店かと思いきや、なんと創業27年目。

お店のブログによると、ハーゲンダッツ上陸の2年後のことで、

当時はバブル全盛のイタ飯ブーム。

ジェラートにもオープン直後から長蛇の列ができたそうです。

その後、バブル崩壊などによる売上低迷により

2000年に和の素材を使った和風ジェラートに路線変更したそうです。

ジェラートは、お店が推しているカムカムをはじめ、
黒豆きなこ、あずき、さくら、マロン豆腐など日替わりで10種程度。

ブログには

ダズンフォーはお店を30年40年50年と続けていきます。
理想は、
「あのおじいちゃんまだ生きてる。パンとかジェラートとか
まだ作ってるの!!!」て、言われたい。
生涯現役が最高。

と書かれており、素敵そうなお店だなぁと思っていたら

オットがお土産にパンを買ってきてくれましたニコニコ

(さすがにジェラートは無理でしたあせる

フードライターrieの食日記
フランスパン(ハーフ)。

フランス産小麦を使っているそうですが

ふかふかとやわらかい、いわゆる日本風のフランスパン。

長時間発酵の滋味深いバゲットに比べると風味は劣るものの

普通においしいパンです。

でも1本380円は、この味ではちと高いかな…。

フードライターrieの食日記

珍しい、ガパオが具になったパン。

和風ではなくアジアですが(笑)

パンとタイ料理って、そういえば一緒に食べる食文化ではないので

ちょっと変わった組み合わせでおいしかったです音譜

今度はぜひジェラートを食べてみたいですラブラブ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る