「ダンディゾン」行列パン

ダンディゾン_R000吉祥寺で人気のパン屋と言えばここ。
元「カムシャングリッペ」シェフの浅野氏プロデュース。
店名の意味は「10年後」。「毎日食べても飽きない、おいしいパンづくり」を目指し、「10年後も愛される店でありたい」。
そんな気持ちがこめられているそう。

店の近くまで行くと、紫色の紙袋を持った人がぞろぞろ歩いている。
これ、みんなパンを買った人だ…。
まだあるかな…と不安になりつつ来店。

ちょっとわかりにくい地下のお店。
ここがパン屋?と思わせる、メタリック系のスタイリッシュな内装。
レジにはもちろん行列が。

この日は食パンとハード系のパンがいくつか残っているのみでほとんど売り切れ。
「フィシュ(豆乳のバゲット)」「ユゼス(豚ロースト炒り)」と
新作の食パン「SE15(炒らずに絞ったごま油使用。乳製品・砂糖不使用)」が出ていたのでそれも購入。

ダンディゾン_R001ここのパンはシンプルで、まさにご飯代わりに主食として食べられるパンが多い。
バターと水、バターと牛乳、油脂なしの豆乳と
3種類の食パンを揃えているので、食事によって合わせる楽しみもある。

その日のうちに食べ切れなくても、それぞれのパンの保存法や解凍法が書かれた紙をくれるのも嬉しい。
中を開くと、たくさんのパンのイラストが…。
こんなに種類があるなんて知らなかった。

近所にはおいしいパン屋さんがないのでなかなかパンを食べる機会はないけど、たまにおいしいパンをいただくのは幸せですね。

ブログランキング参加中。よかったらクリックしてください。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309

「ダンディゾン」
武蔵野市吉祥寺本町2-28-2
0422-23-2595
平日11:00-19:00 水曜・第1・第3火曜定休

お店のHP

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る