「デュヌラルテ」稀有で高級な非日常パン

先日、新宿三丁目で取材だったので、伊勢丹へ寄り道。

最近離乳食を食べ始めた娘に、

おいしいパンを買って帰りたいな~というのが狙い。

ですが…伊勢丹って、赤ちゃん用のパンとなると

あまり買えるパン屋さんがないのですねあせる

おとなしくヒカリエの「濱田家」か「キイニョン」に寄ればよかったかも…。

フードライターrieの食日記

で、選んだのは「デュヌラルテ 」さんのパン。

吉祥寺「ダンディゾン」、新丸ビル「ポワンエリーニュ」などを展開する

淺野正己シェフのお店です。

淺野シェフのパンは、一言で表現するなら「先鋭的」。

独創的なパンの形といい、ギャラリーのような店づくりといい、

パン業界の中では、従来の常識を覆したといってもいい存在でしょう。

現在活躍しているパン職人さんの中にも、

池尻大橋「トロパントウキョウ」の田中さんなど影響を受けている人が少なくありません。

ブリオッシュやクロワッサン、などが有名なので

娘が食べられそうなパンがあまりなかったのですが…

フードライターrieの食日記
食事パンの「ホノカ」。

北海道産小麦とグレープシードオイルの食事パン。

水をたっぷり含んだ、吸い付くようなもちもち感が特徴。

やわらかいので誰にでも食べやすく、粉の味もしっかりと感じられます。

ただ、これでパン粥を作ったら、

気泡が大きいせいかだまだまになってしまったガーン

やっぱり離乳食には食パンが一番いいみたいです…。

フードライターrieの食日記

私用には、「キューブベー」。

卵不使用、はちみつ風味のブリオッシュです。

ジュワッと広がるバターのリッチな風味と、

はちみつの余韻が贅沢な味わい。

でも…ちっちゃいです(笑)

色々なパン店を食べ歩いている中でも、

ここはかなり小ぶりサイズなので

やっぱりちょっとお高いな…と感じてしまう。

リピートしたいパンというよりは、

非日常の特別なパン、といった印象です。

新宿でパンを買うなら、

CPと種類の豊富さで、やっぱり「ル・プチメック」かな~。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る