「パンステージ プロローグ」パン業界の革命児!?250種のパンがお出迎え

最近話題になるベーカリーは、バゲットが売りのフランスのブーランジェリーだったり、クロワッサンが1個500円もするような高級店だったりするけれど。


お客さんにとって本当に理想的なベーカリーとは?と考えた時に、一つの理想形として忘れられないお店が、たまプラーザの「プロローグ」。


1日に並ぶパンは、なんと250種類!!

しかも、営業は朝の6時から。

「朝食に焼きたてのパンを食べたい」と思っても、実際には朝早くから開いているベーカリーというのは、最近はますます減っているような気がする。

実際に同店では、朝の散歩がてら訪れる常連さんも多い。


さらに、店頭にはイートインスペースも完備。

遠くから来店しても、おいしい状態で目当てのパンを食べられるのが嬉しい。


手前は、一番人気のアップルカスタード(小)と、ビジュアルで一目ぼれした小倉あんデニッシュ。


断面図。このボリューム感が嬉しすぎる!


いちごクリーム。

ミルクパンに、クリームチーズ&ジャムのクリーム。これは子どもが好きそう!

どれもこれもおいしそうで、買いすぎ注意です(笑)

ちなみにオーナーシェフの山本さんは、業界では知られる有名人。

若くして1号店を開業した時、いずれ3店舗はやりたいという構想があったそうで、だから店名は「プロローグ(序章)」。

その夢を見事に実現させ、現在は「エピソード」「プレジール」など4店舗を展開しています。

味へのこだわりはHPに詳しいですが、驚くべきは、250種すべてのパンに自家製酵母を使用していること。

どんなにこだわりのベーカリーでも、食パンなど一部のパンはイーストのみで作っていることも少なくありません。

が、このお店では、自家製酵母と微量のイーストを併用し、長時間発酵させることで、味わい深く、劣化の遅いパンを作りだしています。

山本シェフが「当たり前にできなきゃ」と思っていることって、たぶん普通のベーカリーでは普通ではないこと。

それを実行しているから、唯一無二のお店づくりが可能になっているのだと思います。

もちろん、こうした店づくりを支えているのは、そこで働く従業員たち。

即戦力が求められるパン業界にあって、未経験者を歓迎したり、女性が活躍していたり。

独自の人材育成方法にも、これからのベーカリーは学ぶところが大きいのではと思います。


大好きなお店なので、つい色々と書いてしまいましたが、まずは足を運んでみてください!

こんなお店が近所にあったらいいな、と必ず思えるはずです。




シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る