「ブーランジェリー14区」フランス仕込みの本格パン

妙蓮寺のブーランジェリー「14区」。
オーナーシェフはパリでドミニク・サブロン氏に支持し、フランスで7年経験を積んだという経歴の持ち主。

主人が取材に行くと言うので、ちゃっかりお土産を依頼。


くるみとクランベリーのパン。
ライ麦も使われているのか、やや酸味のある香り。


クラストはしっかりと焼きこまれており、好みの食感。
ハード系のパンは、個人的にもっちりよりも少しパサッとするくらいが好きです。


クリームパンは、定番のグローブ型。


クリームぎっしり、美しい断面に丁寧な仕事を感じます。
クリームそのものは意外にもぽってりとした素朴な食感で、レトロ感のある味わいでした。

カレーパンも人気のようですし、他のハード系も気になるところ。

先日のル・ミトロンといい、白楽~妙蓮寺エリアは実力パン店が充実していて羨ましいです。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る