「レストラン ナカタ」長岡名物 洋食カツ丼

長岡の名物グルメとして有名な「洋風カツ丼」。

昭和6年創業の「小松パーラー」が元祖と言われており、今では同店の味を受け継ぐ「レストランナカタ」が有名。


店舗は、細い階段を上がった2階。
年期の入った看板がいい味出してます。


不思議な色のソースがかかった洋風カツ丼。

ケチャップや醤油、赤ワインなどをブレンドしているそうで、独特の甘酸っぱい味わい。


メニューは、カレー、オムライスなど種類豊富。
子供と取り分けたハヤシライスも、美味しかったです。

全体的に味付けはしっかり濃いめの昔ながらの洋食屋さん。
店内の雰囲気もレトロな雰囲気で、不思議な居心地のよさでした。

座敷があるのも子連れにありがたく、長岡で普通に洋食を食べたいときにも訪れたいお店でした♪

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る