「中華そば笑歩」ハイレベルなラーメン店が綱島に!

綱島では珍しく、他所からもラーメンフリークがわざわざ食べに来るほどの人気店だった「もりの中華そば」が残念ながら閉店。
だが、今年2月にその跡地にできたラーメン店が「とんでもなくうまい(夫)」というので、ぽっかり空いた平日ランチに訪問。

メニューは、中華そばとつけめんの2種。
身体に優しい素材にこだわって作られたラーメンは、秋田比内地鶏や煮干しベースの澄んだスープと、細麺ストレートの自家製麺。
チャーシューは、バラ肉とロースの2種。

全粒粉なのか、粉の粒が見えるこの麺が、ちょっと特徴があってとても美味しかった。
プリプリとした弾力となめらかさは、生パスタのよう。
それでいてぷつっと歯切れよく、するするっとおさまる喉ごしのよさはやはりラーメン。
普段は苦手なメンマも、ここのは変な味がついておらず、自然な味わい。
味玉も、表面のみ味が染みており、卵本来の味わいを生かした仕上がりでした。
食べ終えた後のスープに油はほとんど浮いておらず、スープの旨味で勝負した潔い一杯。
物腰柔らかな店主は、名店「多賀野」出身だそうで、「もりの中華そば」のご主人の弟弟子にあたるそう。
まだお若そうなのに、すべてのパーツにおいて完成度の高いラーメンでした。
独立して、今後、ますます美味しく進化していくのだろうな。楽しみだ。
地元にこんな素敵なお店ができたのは嬉しいキラキラ
店内は清潔感があり、マダムと思われる女性の接客も懇切丁寧。
女性でも心地よく過ごせる貴重なラーメン店です。
ちなみに、お店のチャーシューは、向かいの「丸芳牛肉店」のお肉を使っているとのことだったので、帰りにメンチカツを購入。
キャベツたっぷり、ジューシーなメンチカツが一個100円。
こちらも美味しかったですラブ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る