「分、あいちや」横浜駅近で落ち着いた和食ランチならここ!

オットの誕生日。

今年はまだ生後2か月のわが子と一緒なので、
外食は無理かなと思っていたのですが…。
抱っこひもで外出するとひたすら寝てくれるというとてもいい子でして。
買い物ついでに近場で軽めのランチなら、ということで、行ってきました。

来店したのは、横浜駅直結の和食店「分、あいちや」。
2年連続でミシュランの星を獲得している日本料理店
「あいちや」さんのカジュアル業態。

本店は夜の予算1200円~の高級店ですが、
ここは昼2000円~、夜4000円台とかなりリーズナブル。

フードライターrieの食日記

ランチのメニューはこんな感じ。

高級店の味をお手軽に楽しめるとあって、
ジョイナスの地下という穴場にありながら、昼は予約も多い人気店です。

オットが頼んだ2700円の絵合わせは、以下の内容。

前菜 フグ皮と白菜和え 
お椀 あさり沢煮椀
造里 焼鰆生ずし と 鯛スモーク 山葵
焼肴 鰆青のり焼 タルタルソース
蒸物 茶わん蒸し
強肴 かさご揚げ出し 五色野菜 香七味
食事 赤米と松の実炊き込みご飯 香の物 汁
デザート 抹茶のアイスクリーム

フードライターrieの食日記
アサリがたっぷり、しみじみ美味しいお椀。

フードライターrieの食日記
「生(き)ずし」とは、お寿司ではなく関西ではお刺身のこと。
焼霜とスモーク、ひと手間かけられた味がいいですね。

フードライターrieの食日記
オットが一口食べて「旨い」と言った鰆の青海苔焼き。
クリームソースのような、洋のテイストを感じさせる味わい。
添えられているのはプルーン。甘酸っぱさが口直しに。

フードライターrieの食日記
カサゴの揚げ出し。
ここは京都出身の料理長とのことで、だしの風味のよさが映える一品。

フードライターrieの食日記
私は、野遊び弁当(20食限定)。

フードライターrieの食日記

2100円ながら、お造り箱、小皿箱、吹き寄せ箱の3段に
月替わりのご飯、汁、香の物まで付く充実の内容です!

フードライターrieの食日記
とくに吹き寄せ箱には、生麩、焼き魚、鶏肉、卵焼き、海老パン、
煮凝り、煮帆立などひと手間かけたおかずがいろいろ入っていて嬉しい。
これはお酒と一緒でも楽しめそう音譜

しかもうれしいのが、ご飯はお替り自由なところ。
パラリと固めに炊かれたご飯に、
赤米のプチプチ感とほくほくした松の実の食感が混ざり合って美味!
やさしいだしの風味にお揚げの甘みが加わって、薄味ながら満足感のある味わいです。
このご飯が一番おいしかったかも(もちろんお替りしちゃいました)

横浜って、両親と来れるような和食店というとそごうか高島屋の中か、
ホテルのような高級店になってしまって、意外にお手頃に楽しめるお店がないんですよね…。
(あとはなんちゃって創作和食とか…)

ここはさすが本店がまっとうな日本料理店だけあって、
お料理はどれも正統派の和食。
安定したクオリティで、お値打ちな和食店だと感じました。

地下なので、空間に若干の閉塞感はありますが…。
個室風の席もあるし、4人グループくらいなら落ち着いて利用できそうです。

今度は本店のお弁当(3780円)も食べてみたいな~音譜

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る