「坐唯杏」日本酒のススメ


数年前、日本酒なんて全く飲めなかった頃。
あの匂いをかぐだけで、苦手だなあと思っていた。

そんな私に、日本酒の素晴らしさを教えてくれたのがコチラ。

「ダンチュウ」など数あるグルメ雑誌でも、日本酒特集が組まれれば必ず登場する名店です。
かくいう私も、以前に取材で何度お世話になったことか…。

ここの魅力は酒と料理、両方がレベルが高いこと。つまみがおいしいから、酒もすすむ。そんな優良居酒屋なんです。
「割烹レベルの料理を、居酒屋価格で」が店のコンセプト。
その上、日本酒にしっかり合うラインナップを用意しているのがさすが。

ここの酒はいわゆる酒類豊富、というよりも
飲んで本当においしいお酒を厳選している。
中でも売りは純米酒。燗でおいしいお酒を揃え、そういう飲み方を提案しているのも特徴。
今ではメジャーになった「悦凱陣」「秋鹿」「宗玄」などの人気銘柄も
まだヒットする前から揃えていて。
ここを手本にしている居酒屋さんも少なくありません。業界的にも注目度の高いお店。

とまあ、語り出すと切りがないので、料理の紹介も少し。

「伊太利亜蒸し」
日経レストランのメニューグランプリ作品。
大きな茶碗蒸しの中に、ペンネ、トマト、2種のチーズ、アサリ、海老が入っています。
アサリのだしで作った茶碗蒸しは和風の味わいで、そこにイタリアンな具材が入ることで新しいおいしさを生んでいます。
結構大きいのだけど、初めて連れてきた人は必ずファンになって、1人1個食べてしまうという人気メニュー。

「四川坦々うどん」
〆に必ず食べる(これを食べたくて行く日もあるほど!)ので、店主にお願いしてレシピを教えてもらい、家でも食べているというほどはまった一品。
色々な店で坦々麺を食べるけれど、ちょっと和風を効かせたこの肉味噌、まじで旨い!
やっぱり家では再現できないので、ここでも食べてます。
かなり辛いのに、ゴマの風味と肉の甘みが豊かな味わい。コツはどこに??

写真はありませんが、もうひとつのおすすめが「自家製からすみ」。
私は、今まで食べた高級鮨店よりも上だと思うこともしばしば。ねっとりした食感は、本当に素晴らしい。
この時期、お土産としても売っているので、昨年は正月用に購入しました。この大きさで2000円は安いですよ!

他にも〆サバ、小鍋(トップ写真)なども人気メニュー。
写真の「鴨つみれ鍋」は、4種の薬味がついていて、特にラー油がよく合う。
もちろんぬる燗との相性もバツグンです。

まともにおいしくお酒が飲める店が少ない池袋で、朝5時まで営業も素晴らしい。
向かいの「別館」は、もっとリーズナブルに楽しめる店。300円、500円のつまみが豊富で、こちらも使い勝手がいい。

でも、坦々うどんと伊太利亜蒸しは別館にはないので、いつも本館に行ってしまうのですが…。
それだけの魔力があるお店。

ブログランキング参加中。よかったらクリックしてください。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309

「坐唯杏」
豊島区東池袋1-31-1 バロックコートB1
03-5957-2207
11:30~14:00LO 17:00~05:00(4:00LO) 無休

ぐるなび

こんな風に、それぞれで燗をつける前の酒も出して飲み比べさせてくれます。これはポイント高いね!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る