「蓮月庭」自由が丘で本格台湾茶体験

自由が丘でのランチ兼打合せのあと訪れたのは、台湾茶の専門店。場所は、ピーコックの裏あたり。何軒かのお店が並んでいるのですが、駅近の住宅街にこんな空間があるとは驚き!

お店の入り口はこんな感じ。落ち着いてお茶できる素敵な雰囲気〜。台湾出身のオーナーが、本場スタイルの専門店を日本でも、と始めたそう。2019年11月オープン。

この日はテラスでいただくことにしました。コロナでなくてもテラス好きなので、やはり外は気持ちがいいな〜。

台湾茶は、2名までシェアできる写真の「席茶」と、お一人用の「碗茶」、アレンジドリンクなど。茶葉はすべてオーガニックのものだそうです。「席茶」は、1500〜2000円くらいで継ぎ足しのお湯も無料なので、二人でシェアがお得です!

とはいえ、台湾茶は大昔に取材した経験のほかは、中華料理の食後にいただく程度…。ですが、優しいスタッフさんが丁寧に説明してくれるので安心。レクチャーを頼りに、この日はすっきりとした風味の高山烏龍茶「頂級大禹嶺」を選択。

一煎目は、お店の方が淹れてくださり、そのあとは自由に継ぎ湯で楽しむスタイル。茶葉の色や、お湯を注ぐ前と後の香りなどを確認させてくれたりして、とても贅沢な時間に感じられます。4煎目くらいでも全く苦味が出ないので、女子にとっては延々とお喋りしながら飲み続けられてしまいます。。。

ちなみに台湾茶は、信頼できるオーガニックのものを仕入れるには現地との繋がりが必要だそうで、なかなか日本では提供できる場所が限られてしまっているのだとか…。

お茶請けのドライマンゴーも美味しかったし、マンゴーティーなどのアレンジドリンクもそそられる内容でした。

アレンジドリンクはテイクアウトもできるので、また寄ってみよう〜。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る